投稿日:2023年1月19日

解体工事で使用する解体アタッチメントが役立つシーン

こんにちは!埼玉県の解体業者、昼間工業株式会社です。
弊社は八潮市や三郷市を中心に、東京や千葉を含む多くのエリアで活動を行っています。
鉄骨造や木造の家屋解体や工場解体を主力としており、その多くの工事現場では重機が活躍しています。
今回はそんな重機に取り付けて使用する解体アタッチメントの役割や、活躍シーンについてご紹介しますのでぜひ最後までお楽しみください。

人の手の届かない場所を施工

解体工事中
人が道具を持つことでさまざまな作業ができるのと同様に、油圧ショベルなどの重機は先端部分のバケット(既存のアタッチメント)を外し、用途に合ったアタッチメントを付けることで、色々な作業ができるようになります。
本来ショベルはバケットで掘削作業をするものですが、このバケット部分を交換するだけで、掘削以外の切る、砕く、掴む、持ち上げる、草刈りをするといった作業も可能となるのです。
アタッチメントを利用すれば、人の手の届かない高い場所やアームを伸ばせば入り込めるような場所における解体作業もスムーズに行えるでしょう。

粉砕や切断に役立つ

アタッチメントには、多様な機能や形状があり、作業用途に合わせて交換することで、粉砕、切断などの作業もできるようになります。
粉砕、切断を目的とするならば、元々油圧ショベルに装着されているバケットの代わりに、カッター、クラッシャー、パクラーといったアタッチメントに付け替えるのが良いでしょう。
まず、カッターとは、主に鉄骨やコンクリートを切断することを目的として作られた開閉式カッターアームのことです。
また、クラッシャーは鉄骨などを大きく割り裂くためのペンチ型アタッチメントで、主に鉄筋やコンクリートの圧砕や粉砕に活用されます。
さらにそれを細かく小割していくことのできるパクラーも、細かい解体作業で役立つでしょう。
こうしたアタッチメントに付け替えることで、重機に新しい機能性を付加することが可能となります。

昼間工業へご相談ください!

握手を求める男性
事故やトラブルがなく安全でスムーズな解体工事をしてほしいとお考えの方は多いのではないでしょうか。
もしそのような解体工事をご希望でしたら、弊社昼間工業へお任せください。
弊社は安全第一はもちろん、きめ細やかな対応とスピーディーな作業が自慢です。
また、工事の前には周辺住民へのご説明を行った上で、騒音・振動・粉塵対策などにも徹底して対応いたします。
事前お見積もりだけでも承っておりますので、解体業者をお探しであれば、ぜひ一度弊社へご相談ください。
最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

昼間工業株式会社
本社 〒340-0834 埼玉県八潮市大曽根104番地
八潮営業所 〒340-0808 埼玉県八潮市緑町2-5-2ピエスシュシュ202
TEL:048-954-9555 FAX:048-954-9566

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

【求人募集】解体工事のプロを目指しませんか?

【求人募集】解体工事のプロを目指しません…

こんにちは!昼間工業です。 弊社は埼玉県八潮市を拠点に、東京都・埼玉県・千葉県の1都2県にて解体工事 …

施工風景のご紹介

施工風景のご紹介

こんにちは!昼間工業です。 弊社は埼玉県八潮市を拠点に、東京都・埼玉県・千葉県の1都2県にて解体工事 …

武蔵村山市 鉄骨造3階解体工事

武蔵村山市 鉄骨造3階解体工事

こんにちは!埼玉県八潮市の昼間工業です。 弊社は、東京都・埼玉県・千葉県の各地で解体工事を承っていま …

お問い合わせ 採用情報